VisShare

MultiCAD online collaboration

VisShareは、マルチCADオンライン情報共有ソリューションです。

 

FTP等でデータを渡す事なく、簡単に、高セキュリティな3D CADデータ共有が可能となりました。



● VisShare = 3DViewStation WebViewer + データベース
これまでは、3D CADデータを共有するために、メール添付やFTPを利用するケースが一般的でした。長いアップロード/ダウンロード時間に加えて、データのセキュリティに関する制御等、様々な課題がありました。
Kisters 3DViewStation VisShareは、共通のデータベースと直感的なユーザーインターフェイスを備えたプラットフォームとして、データを簡単かつ安全に共有、管理、制御、視覚化、分析できます。部門全体で、パートナー、サプライヤー、顧客のフロントエンドとして、透過的なプロセスとワークフローを提供、デジタルトランスフォーメーションを加速させます。



● 特定のCADデータをコントロール、安全にCADデータを共有

VisShareは、各々のCADデータを管理(プロジェクト用、個人用)できます。データの共有においては、CADを閲覧する方法が無いメンバーへも閲覧期限、閲覧回数の設定を設定、URLのリンクを送信するだけで共有可能です。
実際のCADデータの閲覧、計測、分析は、定評のあるWebViewerが担当します。レンダリング等の処理は、全てサーバ側で実行しますので、クライアント側には、ジオメトリ等の機密情報が一切残りません。クライアント側に必要なものは、HTML5対応のブラウザだけなので、PCはもちろんの事、スマートフォンやタブレットでの閲覧も可能です。



 システム要件

サーバ要件

オペレーティングシステム  Windows Server 2016以上
CPU  3.5GHz プロセッサ以上 Intel Xeon E5-2637 V4など
メモリ  16-32GB
 ハードディスク  10GB以上の空き容量
GPU  8GB以上 AMD/NVIDIA 専用3Dグラフィイクスカード

 

クライアント要件

 
Webブラウザ  HTML5 対応ブラウザ

※VisShareは、VM(reserved vGPU)、Cloud環境Microsoft Azure VM NC / NV シリーズやAmazon EC2 G3でも動作可能です。